トップページ

 > 

調査データ

 > 

民主党政策「こども手当」に関する主婦の意識調査

調査データ

日付:2010/4/7

執筆者:セノオ アキコ

民主党政策「こども手当」に関する主婦の意識調査

民主党政策「こども手当」に関する主婦の意識調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 民主党政策のこども手当、
  「条件付き」も含めて肯定的意見が6割、純粋な肯定派は2割弱



・ 調査期間 … 2010年3月24日~2010年4月4日(12日間)
・ 有効回答 … 394人



■ 民主党政策のこども手当、
  「条件付き」も含めて肯定的意見が6割、純粋な肯定派は2割弱


民主党政策の「こども手当」に関する意見や要望、感じている事などをフリー回答形式で10~40代の主婦(ママ、プレママ含む)394名に調査し、テキストマイニングによる集計を行ったところ、「否定的」な意見が31.7%であったのに対し、「肯定的な意見(19.0%)」「条件付きの肯定的な意見(44.2%)」を合わせると、63.2%と否定派を大きく上回る結果となった。

しかしながら条件付きの肯定派からも、「早く実行してほしい」「一括で支給してほしい」といった意見が多数見られ、「子供手当も大事だけど、保育園や小児科等の生活に大事な機関の充実を優先すべき」「支給されるのは嬉しいけど、他の税金やら何やらが高くなるのが心配」といった具体的な要望や、負担の増加を懸念する意見も多く見られた。
また、条件付きの否定的な意見については「今の児童手当てでよい」「税金があがるほうが困る」「お金を配るより、地方自治体と連携した行政の子育てバックアップ事業が充実してほしい」と、条件付きの肯定的意見と同様の内容が多数に上っており、これらをともに民主党政策に対する不安、不満の意見と見た場合には、受け取る側の世帯の主婦からも2割弱ほどしか支持されていないという結果とも受け取ることが出来る。


※ その他の回答内容について
フリー回答のマイニングデータについては別途有償にて提供しています。
MMD研究所までお気軽にお問い合わせください。

※ 今回調査した設問項目


・ 民主党政策『子供手当て』に関するご意見、ご要望などがあれば教えてください。

※ リサーチタイアップメディア


・ ママイコ/ メディアインクルーズ株式会社
  http://mamaiko.jp



レポートのダウンロードに関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

セノオ アキコ(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!

新着記事

pagetop