トップページ

 > 

調査データ

 > 

食品・飲料に関する利用動向調査

調査データ

日付:2009/4/27

執筆者:妹尾 亜紀子

食品・飲料に関する利用動向調査

食品・飲料に関する利用動向調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、株式会社ピーカチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:船橋 憲敏)が運営する『ピーカチSNS』他、計7社、モバイル8サイトの協力の下、「食品・飲料に関する利用動向調査」を実施致しました。

2009年4月23日に当研究所より発表した「モバイルコマースに関する利用動向調査-第19回-」において、「食品・飲料に関する利用動向調査」を同時に取得しました。本調査報告は前回の追加報告として食品・飲料に焦点を当てて集計・分析を行ったものです。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋) 】


■ 携帯サイトで食品・飲料の購入経験、約3割が「購入したことがある」
■ 携帯サイトで食品・飲料を購入した理由、約4割が「なかなか購入できない商品だから」
■ 携帯ネットショッピング、男女共に「スイーツ」が人気
■ 携帯サイトで食品・飲料を購入する時、6割強が他サイトと比較
■ アウトレット食品について、約3割が「購入したことがある」



・ 調査期間 … 2009年4月3日~2009年4月13日(11日間)
・ 有効回答 … 1,160人



■ 携帯サイトで食品・飲料の購入経験、約3割が「利用したことがある」


携帯サイトで食品・飲料の購入経験を調査したところ、「携帯・PCいずれもない」が45.2%と最も多く、次いで「携帯で購入したことがある」が27.2%、「PCで購入したことがある」が20.2%とPCよりも携帯での購入者が多い結果となった。

また、携帯サイトで食品・飲料の購入経験者を対象に、購入した理由を調査したところ、「なかなか購入できない商品だから」が44.6%、次いで「安いから」が44.0%、「忙しくて買いに行く時間がないから」が27.2%という結果となっている。

■ 携帯ネットショッピング、男女共に「スイーツ」が人気


携帯サイトで食品・飲料の購入経験者を対象に、何を購入したかを調査したところ、男性では「スイーツ」が38.0%と最も多く、次いで「ダイエット食品」が22.0%、「生鮮食品(肉、魚、貝類)」が21.3%、女性でも「スイーツ」が48.2%と最も多く、次いで「ダイエット食品」が31.9%、「加工食品」が22.3%という結果となっている。

また、携帯サイトで食品・飲料の購入経験者を対象に、他のサイトで値段や商品の比較をするかを調査したところ、「1~2サイト比較する」が46.2%と最も多く、次いで「比較しない」が33.9%、「3サイト以上比較する」が19.9%という結果となっている。

■ アウトレット食品について、約3割が「購入したことがある」


携帯サイトで食品・飲料の購入経験者を対象に、「アウトレット食品」について調査したところ、「名前は知っているが購入したことはない」が48.4%と最も多く、次いで「知っているし、購入したことがある」が33.2%、「知らない(購入したことはない)」が17.1%という結果となった。

※ダウンロードデータでは主要なフリー回答を抜粋し、多数掲載しています。


※ 今回調査した全設問項目


・ 現在ネットショッピングサイトに何サイト登録していますか?
・ 携帯サイトで食品・飲料の購入をしたことがありますか?
・ 購入しない理由は何ですか?
・ 購入した理由は何ですか?
・ 食品と飲料の中で、どんなものを購入しましたか?
・ 食品・飲料を購入する時、他のサイトで値段や商品の比較をしますか?
・ 「アウトレット食品」と呼ばれている商品を知っていますか?
・ サイズ違いやキズのある格安な「訳あり」商品についてどう思いますか?

レポートのダウンロードに関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop