トップページ

 > 

調査データ

 > 

2011年の年賀状に関する主婦の実態調査

調査データ

日付:2010/11/29

執筆者:妹尾 亜紀子

2011年の年賀状に関する主婦の実態調査

2011年の年賀状に関する主婦の実態調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、メディアインクルーズ株式会社(代表取締役社長・小川昌幸)運営のモバイルメディア「ママイコ」との共同リサーチとして、「2011年の年賀状に関する主婦の実態調査」を実施致しました。
調査対象は10~40代以上の主婦。有効回答数は678件です。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 2011年の年賀状、20代前半の主婦では「年賀ハガキ」よりも「携帯メール」で



・ 調査期間 … 2010年11月10日~2010年11月21日(11日間)
・ 有効回答 … 678人


■ 2011年の年賀状、20代前半の主婦では「年賀ハガキ」よりも「携帯メール」で


今年(2010年)の年賀状はどのような方法で出したかを調査ところ、「年賀ハガキ」と回答した主婦が77.4%と最も多く、次いで「携帯メール」と回答した主婦が60.3%と年賀ハガキの約8割に迫る結果となっている。ちなみにSNS、会員制サイトのミニメなどのメッセージ機能を利用したと回答した主婦はわずか4.6%と留まる結果となった。(複数回答)




また、2011年はどのような方法で年賀状を出す予定かを聞いたところ、全体では「年賀ハガキ」と回答した主婦が81.3%と最も多く、次いで「携帯メール」と回答した主婦は59.0%という結果となっている。(複数回答)
ちなみに20代前半の主婦の回答では、「年賀ハガキ(65.8%)」を「携帯メール(69.0%)」が僅差ながら上回る結果となっている。




結婚前と比べて年賀状を出した枚数に変化があったかという質問では、「増えた」と回答した主婦は57.2%となっており、増えた理由についてフリー回答形式で聞いたところ、「ママ友が増えたから」「結婚報告や子供の成長の報告を兼ねているため」「親族・親戚が増えたから」などの回答が得られた。




■ ダウンロード資料(無料)に掲載している集計データ
・ 2010年度の年賀状について
・ 2010年に届いた年賀状について
・ 2011年度の年賀状について
・ 年賀状を出した枚数の変化について
・ お年玉について
・ お年玉の使い道について

※ その他の調査項目について
全選択肢を含む集計結果、年代別の集計結果、フリー回答を含むロウデータについては別途有償にて提供しています。
MMD研究所までお気軽にお問い合わせください。

※ 今回調査した全設問項目


・ あなたは今年(2010年)の年賀状は何を使って送りましたか?
・ 今年(2010年)のお正月にあなた宛に最も多く届いた年賀状はどれですか?
・ 来年(2011年)は何を使って年賀状を送る予定ですか?
・ 結婚前と比べて年賀ハガキを出す枚数は変わりましたか?
・ 結婚前と比べて年賀ハガキを出す枚数が増えた理由
・ お子さんにお年玉を何歳頃から渡しているor渡す予定ですか?
・ お子さんがもらったお年玉はどのようにしていますか?


※ リサーチタイアップメディア


・ ママイコ/ メディアインクルーズ株式会社
  http://mamaiko.jp



レポートのダウンロードに関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/
このエントリーをはてなブックマークに追加

FREE 会員登録(無料)又はログインで、記事に関連するファイルがダウンロードできます!

新規会員登録(無料)はこちら

会員ログイン

この記事の執筆者

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

妹尾 亜紀子(セノオ アキコ)

MMD研究所 編集部員

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop