スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開

調査データ

2010年7月1日

民主党政策「子ども手当」に関する主婦の実態調査

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、メディアインクルーズ株式会社(代表取締役社長・小川昌幸)運営のモバイルメディア「ママイコ」との共同リサーチとして、「民主党政策「子ども手当」に関する主婦の実態調査」を実施致しました。調査対象は10~40代以上の主婦。有効回答数は777件です。

【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】


■ 子ども手当支給後の家計、主婦の55.4%が「助かった」、44.6%が「変わらない」

・ 子ども手当、主婦の約8割が「受け取った」
・ 子ども手当の使い道、主婦の49.4%が「子供の将来のために貯金」
・ 子ども手当の使い道は主婦の45.5%が「自分で決めた」



・ 調査期間 … 2010年6月16日~2010年6月27日(12日間)
・ 有効回答 … 777人


■ 子ども手当支給後の家計、主婦の55.4%が「助かった」、44.6%が「変わらない」


対象の主婦777人のうち、2010年6月より民主党政策によって支給が開始された「子ども手当」を受け取った主婦617人を対象に、子ども手当の使い道を単数回答形式で調査したところ、「子供の将来のために貯金」が49.4%と最も多く、次いで「日頃の生活費」が15.4%、「子供の物品(洋服等)購入」が15.2%という結果となった。また、その使い道は誰が決めたかの質問では、「自分で決めた」が45.5%、僅差で「夫婦で話し合いをして決めた」が44.6%という結果となった。

また、子ども手当を受け取った主婦を対象に、支給されて家計は助かったかを調査したところ、「助かった」が55.4%、「変わらない」が44.6%と約半数に分かれる結果となっている。


※ その他の調査項目について
全選択肢を含む集計結果、年代別の集計結果、フリー回答を含むロウデータについては別途有償にて提供しています。
MMD研究所までお気軽にお問い合わせください。

※ 今回調査した全設問項目


・ あなたは子ども手当は受け取りましたか?
・ 子ども手当を何に使う予定ですか?または何に使いましたか?1番メインのものを1つ選んで下さい。
・ 子ども手当の使い道は誰が決めましたか?
・ 子ども手当が支給されて家計は助かりましたか?

※ リサーチタイアップメディア


・ ママイコ/ メディアインクルーズ株式会社
  http://mamaiko.jp



レポートのダウンロードに関してはお問い合わせください。
https://mmdlabo.jp/contact/

会員登録をすると、
調査結果の詳しいファイルを
ダウンロードできます。