トップページ

 > 

インタビュー

 > 

Vol.1 インターネット広告の健全化に少しでも役に立ちたい

インタビュー

日付:2011/11/30

執筆者:吉本 浩司

Vol.1 インターネット広告の健全化に少しでも役に立ちたい

Vol.1 インターネット広告の健全化に少しでも役に立ちたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業インタビュー
Vol.1 インターネット広告の健全化に少しでも役に立ちたい

2011年10月28日に消費者庁がインターネット広告に対して景品表示法上の問題点を発表し、広告業界やインターネット業界で話題になっています。主な問題点は下記の4点である。

・フリーミアムモデルの無料表示(主な対象はソーシャルゲーム関連の広告)
・ステルスマーケティング(主な対象はブログ等でのサクラ記事)
・フラッシュマーケティングの二重価格表示(共同購入クーポンの価格設定)
・アフィリエイトのリンク元や第三者の不適切な広告表示

インターネット広告のテクノロジーが発展する中、広告による安全性やリスク対策面の広告検証システムで健全化の普及を目指す、株式会社シップの林健吾氏に話を聞いた。







----御社の事業について教えて下さい。

林氏:弊社の事業は大きく3つに分類しています。1つ目は若年層に特化したマーケティング事業。高校生からF1・M1層までのモニターネットワークを背景に、企業の商品開発、プロモーションを行っています。2つ目はJSBN(全国学校放送ネットワーク)事業。全国約1,500の高校の生徒会または放送部をネットワークし、JSBNに賛同頂いている高校へ年間10回のプログラムで、エンタメ情報や高校生向け商品・サービス情報を掲載した「JSBN PRESS」というフリーペーパーの企画・制作・配布を行い、また放送部の支援として校内放送用のサンプル版CDをレコード会社中心に提供してもらい学校に送付しております。高校生をターゲットにした企業のマーケティング活動をしています。3つ目は、マーケティング事業で培ったノウハウを背景としたプロデュース事業を行い、イベントやコンテンツ企画、店舗や施設をトータル的にプロデュースしています。
企業インタビュー

----主に若年層に向けたマーケティングを主体とされているのですね。

林氏:そうです。平成元年に会社を設立以来、高校生を中心に若年層へのマーケティングに強みを持っています。




----御社がインターネット広告の不適切サイトを検証するシステムを開発された経緯を教えて下さい。

林氏:弊社が抱える高校生を中心としたモニターの多くは主に携帯でインターネットを利用していますが、未成年にとって好ましくないサイトにアクセスし、何らかの被害をうけているという声を多く聞く様になりました。通信キャリアが青少年のフィルタリング使用の原則化を実施した背景もあり、モバイルインターネットにおける若年層の被害を防止する「Medist」の開発プロジェクトをスタートしました。


----不適切サイトとはどんなサイトなのでしょうか?

企業インタビュー
林氏:インターネットには無数のサイトが存在していますが、不適切サイトは主にアダルトサイトや詐欺サイト、出会い系サイトなどになります。なぜ、そのようなサイトが立ち上がるかというとアクセス数を集めてアフィリエイトプログラムを通じた広告収入を目的としているサイトが多いのです。そこで我々はまず未成年が良く利用するモバイルインターネットにおいてアフィリエイト広告に注目しました。




----「Medist」の具体的な機能や仕組みを教えて下さい。

林氏:まず不適切サイトのリストですが、通信キャリアのフィルタリングサービスにURLリストを提供しているネットスター株式会社※と業務提携しました。

次にアフィリエイト広告のプラットフォーム事業社と提携し、広告が掲載されているサイトのリファラーデータを「Medist」に送信してもらっています。そのリファラーデータとネットスターの約3億あるURLリストとを照合し、不適切サイトにて広告が配信されていないかの検証ができるシステムです。


----主にどのような企業に「Medist」は利用されているのでしょうか。
企業インタビュー

林氏:アフィリエイトは主にネットワーク広告と呼ばれる無数のサイトに広告が掲載されるサービスです。広告主は、自社の広告が健全なサイトに掲載されているのか、または不適切なサイトに掲載されているサイト1つ1つをチェックできません。そこで「Medist」をご利用頂くと、自動的に自社の広告が不適切サイトに掲載されることを知ることが可能になります。提案先はコンテンツプロイバーなどの広告主やアフィリエイトなどのネットワーク事業社、広告代理店になります。「Medist」を使うことで広告主は広告コストの削減、ブランド価値の維持・向上のメリットがあり、ネットワーク事業社はサービス向上や競合他社との差別化のメリットがあると考えています。


----「Medist」の今後の展望をお聞かせ下さい。

林氏:やはりスマートフォンに向けた展開ですね。スマートフォンの広告はネットワークによる広告が主流になっています。インターネット広告はますます自動化・最適化されていますが、それに伴って広告の健全性も担保しなければ市場の成長は見込めません。アメリカでは第三者による広告検証が一般的になってきています。多くの方が安心してインターネットを楽しめる様、「Medist」がインターネット広告の健全化に少しでも役立てればと思っています。その為にも広告主や広告会社、ネットワーク事業社とスクラムを組むことが一番大切だと考えています。


※ネットスターおよびURLリストについて
ネットスターは、URL フィルタリングエンジン技術・サービスの開発と URL リストの収集・分類・配信を行なう専門企業です。過剰規制率を最小限の水準に抑えた高い性能評価を背景に、国内全ての携帯電話事業者および PHS 事業者、全国都道府県庁の約 6 割、中央省庁の約 4 割、日経優良企業ランキング上位社の約 4 割など、品質に厳しい大規模ユーザでの採用実績の高さ※2 が実証する最高品質のURL リストです。





【会社】 株式会社シップ

【サービス】 アフィリエイト広告検証サービス「Medist (メディスト)」

【関連調査】 ネットワーク広告に関する利用実態調査
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の執筆者

吉本 浩司(ヨシモト コウジ)

吉本 浩司(ヨシモト コウジ)
facebook https://www.facebook.com/koji.yoshimoto

MMD研究所 編集長
MMDLabo株式会社 代表取締役

登録すると、より詳細な調査結果を掲載した
ファイルがダウンロードできます!
2016年10月VRに関する意識調査レポート
2016年10月格安SIM利用者・検討者シェア調査

新着記事

pagetop